今日の妻籠  -妻籠ブログ-

「妻籠宿火まつり」ありがとうざいました

2017年8月27日 日曜日

「妻籠宿火まつり」ありがとうざいました

 今日はとても涼してさわやかなお天気となっています妻籠宿・・・朝方は少し肌寒く感じられるほどでした。このように、さわやかに晴れましたのも久しぶりですね。しかし、明日はもう下り坂。8月最後、貴重な晴れ間の日曜日をごゆっくりお過ごし下さい。
 さて、昨夜は久しぶりの星空も下、無事に火まつりを終える事ができました。お越しいただきましたお客様、本当にありがとうございました。昼間の暑さとは裏腹に、夕方よりとても涼しくなりまして、お客様も関係者も気持ちよく火まつりを行う事ができたように思います。妻籠では、火まつりが終われば夏も終わる・・・と言われるように、今日は少し秋っぽい妻籠宿となっていますよ。


20170827110257.jpg  20170827110311.jpg
 夕暮れ、宿内に竹灯籠の灯りがさやしく光り出します。午後7時より、観光案内所の前から松明行列はゆっくりと歩き始め、本陣前へと進んで行きます。

20170827110332.jpg  20170827110345.jpg
 本陣前には祭壇が用意され、宮司さんの祝詞が始まります。観光のお客様もじっと耳を傾けていました。

20170827110401.jpg  20170827110419.jpg
 護摩壇に松明の火が移されます。そして、護摩と呼ばれる板に願い事を書き、護摩壇へ投げ入れて願い事をします。お客様にも、その場で書いていただけますように、用意をしていましたので、大勢のお客様が護摩壇へ護摩木を投げ入れいていました。

20170827110434.jpg  20170827110446.jpg
 寺下の町並み・・・昼間とは違った趣に加え、竹灯籠の灯りが点々と続いていきます。とても静かな町並みでした。

20170827110500.jpg  20170827110514.jpg
 神事が終わりますと、ふれあい館にて陣屋太鼓の皆さんによる和太鼓の演奏が行われました。桧造りの無料休憩所には、太鼓の音がビリビリと響いていましたよ。外国のお客様は、目の前で繰り広げられる和太鼓の演奏に、大きな拍手が沸き起こりました。

20170827110538.jpg  20170827110554.jpg
 次は、愛友会による「さいとろさし」・・・妻籠伝統の鳥刺しの踊りです。ユーモラスな格好にお客様の中に笑いが起こります。独特なリズムで踊りが始まり、鳥を捕まえ、逃がしてしまうパフォーマンスに、クスクスと笑いが絶えませんでしたよ。

20170827110615.jpg  20170827110630.jpg
 さて、お客様も参加しての木曽踊りが最後の催し物となります。こちらもお客様にはとても好評でした。木曽踊りの会の皆さんが木曽節を披露しながら、ふれあい館前には大きな輪ができました。妻籠の夜に木曽伝統の木曽踊りを体験できたことは、この夏の思い出になった事と思います。

20170827110647.jpg  20170827110805.jpg
 ふれあい館前では、振る舞い酒も行われ、お泊りのお客様を中心に、お酒を飲みながらゆっくり伝統芸能を見られていましたよ。外ではパチパチと音を出して燃える篝火の炎が揺れていました。

 「妻籠宿火まつり」は、毎年8月第4土曜日、午後7時より始まります。今年お越しになれなかったお客様、行って見たいなぁとお考えのお客様、どうぞ皆様お誘い合って、火まつりにお出かけ下さいませ。よろしくお願い致します。

<< 一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせリンク集