今週の妻籠  -妻籠ブログ-

まゆ玉のある風景・・・

2019年1月17日 木曜日

まゆ玉のある風景・・・

 今日の妻籠宿はどんより曇り空・・・一日を通して日差しはなさそうです。雪がチラつく事もあるかも知れませんね。1月も後半となりましたが、今のところこの辺りに雪はありません。やはり暖冬なのでしょうか。晴れ間のお昼頃には暖かくなる日もありますよ。
 さて、先日15日、女性部の皆さんが案内所に集まりまして、毎年恒例の「まゆ玉づくり」を行いました。ビンカ(ツゲ)の枝に、白と赤のまゆ玉と黄色のキンカンが映えて、素朴でかわいらしく出来上がりました。冬の間は店先の花飾りが少なくなりますので、まゆ玉の色合いがとても良い雰囲気を醸し出しています。自然の色合いをとても大切にしている妻籠宿・・・どうぞ皆さん、お出かけ下さいませ。


20190117113334.jpg  20190117113316.jpg
 昔は、床の間の片側に、天井に届く程大きなビンカのまゆ玉飾りと、もう片側には、大きな竹の枝に小さく切った餅をぎっしり差した「餅花」を飾ったそうです。どちらも、たくさんのまゆ玉と餅花で、大きくしなる程良いとされ、繭の形のまゆ玉は子孫繁栄を、稲穂に見立てた餅花は豊作を祈願したのだそうです。

20190117125223.jpg  20190117125236.jpg
 桝形は今も昔もこの幅です。木曽馬もたくさんの荷物を積んで、この道を通って行った事でしょうね。

20190117125410.jpg  20190117125428.jpg
 桝形から寺下の町並みに向かいます。店先にはまゆ玉が飾られています。寒い冬中飾られていますが、途中、キンカンは小鳥の餌になってしまう率が高いです。まゆ玉も大きくひび割れてきた頃が取り外し時になります。

20190117125715.jpg  20190117125733.jpg
 寺下の町並みから北へ向くと伊勢山が見えます。今年はまだ、しっかりと雪化粧する事もなく過ぎています。町並みと雪山の景色も風情があって良いものですよ・・・いつになるでしょうか?

20190117130137.jpg  20190117130154.jpg
 さて、15日のまゆ玉づくりの様子です。米粉を練って繭の形に丸め、近くのおやき屋さんで蒸してもらいました。蒸したてを食べたいとの声も多くありましたが、飾る分が足りなくなりますので、ここはグッと我慢でした!

20190117130418.jpg  20190117130440.jpg
 毎年の事ですので、女性部の皆さんの手際も早く、あっという間に出来上がっていきます。

20190117130534.jpg  20190117130554.jpg
 元気に一年過ごして、また来年もまゆ玉を作りに集まりましょう!・・・とそれぞれ自分で作ったまゆ玉を持って帰られました。

<< 一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせリンク集