今週の妻籠  -妻籠ブログ-

昨夜は和智埜神社の宵祭り

2015年7月24日 金曜日

昨夜は和智埜神社の宵祭り

 今朝、ようやく晴れ間が見え始めました妻籠宿。今日は一日曇りの予報・・・梅雨明け早々の雨続き・・・明日からは晴れる予報ですので、カラッと晴れた青空を期待したいと思います。蒸暑い陽気に、体調を崩しやすくなっております。皆さんもお気をつけ下さい。
 さて、昨日は雨がよく降りました・・・夏祭りだと言うのに。しかしその雨も、夜には小雨になったり止んだりしまして、まずまずの宵祭りとなりました。雨の為、少しお客様が少ないようでしたが、宿泊された外国のお客様は大喜び!・・・熱心にお祭りの様子を見ていたり、写真を撮っていましたよ。私も6時頃から9時半頃までのお祭りの様子を写真に撮りましたので、どうぞ皆さんご覧下さいませ。


20150724101102.jpg  20150724101120.jpg
 6時頃、私が写真を撮りに来た頃には、お神輿は寺下の町並みを練り歩いていました・・・小雨の降る夕刻でした。

20150724101514.jpg  20150724101536.jpg
 お神輿は宿場の通りを往来し、休憩前にはお神輿を左右に大きく揺すります。これも妻籠のお祭りの見所!宵祭りでは若い衆が担ぎますので、勢い余って揺らしすぎる事も・・・見ているこちらもヒヤヒヤです。今日の本祭りではベテラン衆が担ぎますので、より安心に豪快な揺すりが見られる事と思いますよ。期待したいですね。

20150724101607.jpg  20150724101635.jpg
 寺下の休憩後、お神輿はふれあい館前までやってきました。揺すりの見応えに加え、もう一つ走りも見応えがあります。行き来しながらも突然向きを変えて走り出す!見ているお客様もびっくりしていましたよ。この荒々しいさに、妻籠のお神輿は「男御輿」とも言われています。

20150724101658.jpg  20150724101725.jpg
 さあ、7時半を回る頃・・・妻籠にも暗闇が訪れます。お祭り提灯が輝き始め、宵祭りの雰囲気がグッと深まります。

20150724101745.jpg  20150724101810.jpg
 お神輿の休憩中には、各地区の皆さんが揃って接待にまわります。お客様にもお酒やスイカなどが振舞われ、外国のお客様も喜んでスイカを食べていましたよ。小さな宿場のお祭りですが、外国のお客様には、日本のお祭りを身近に感じていただき、よい思い出を持ってお帰りいただきたいと思います。

20150724101828.jpg  20150724101854.jpg
 さて、下町の休憩後、お祭り提灯に導かれ「さよな、さよな、げにもさよな」・・・その通り、その通り、いかにもその通り・・・と歌いながら、ゆらゆらと動き出すお神輿。以前、この歌の前には長い歌詞があったとされています。しかし、いつの間にはこの囃子言葉だけが残ってしまったそうです。・・・何がその通りなのか・・・感慨深い言葉ですね。

20150724101912.jpg  20150724101936.jpg
 途中何度か小雨の降る宵祭り・・・重いお神輿が滑るので、担ぎ手も気を抜けません。無事に宵祭りを終えられて、今日は一休みと言うところでしょうか。昨夜は雨の為、あまり人出がありませんでしたが、今夜はお天気も良さそう!大勢の人で賑わう本祭りになるといいですね。

20150724102155.jpg  20150724102253.jpg
 静かな寺下の町並みに、引き込まれるようにお神輿が入って行きます。担ぎ手にも疲れが見られます・・・もう少しがんばって!

20150724102312.jpg  20150724102342.jpg
 休憩後、お神輿は再びふれあい館前まで戻り、館内のお仮屋にお神輿を置き、宮司さんによる神事を終えると宵祭りも終了です。お仮屋にお神輿が置かれる際、担ぎ手全員が一斉に足を踏み鳴らします・・・ただただ感動でした・・・。

20150724102400.jpg  20150724102419.jpg
 たくさんのお客様も宵祭りの最後を見届けます。そして、今夜は本祭り!夕方5時頃の神事の後、お神輿はお仮屋を出て宿場の通りを練り歩きます。そして、今夜遅く和智埜神社へと上がって行くのです。
 今夜はお仮屋出発からの写真を撮る予定です。また明日のブログでその様子をお伝えできればと思っています。どうぞお楽しみに!!

<< 一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせリンク集