名所・見どころ

上嵯峨屋(有形文化財)

上嵯峨屋(有形文化財)
スペース
この建物は昭和44年の解体復元によって18世紀中期の木賃宿(きちんやど)であることがわかりました。建築当初の形式をよくとどめ庶民の旅籠としての雰囲気をうかがうことができます。「木賃宿」とは、江戸時代初めの庶民の旅は自分で米を蒸して乾燥させた糒(ほしいい)という今でいうインスタント食品を持参して、宿で湯を沸かして戻して食べたのですが、その薪代が宿代になったので付けられたものです。

ページの先頭へ戻る

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせリンク集